医事通信(2019年04月02日号)

2019年04月02日号



性病検査 STDチェッカー


2018年1年間の新規HIV感染者といきなりエイズについて紹介します

2019年3月23日、エイズ動向委員会は2018年1年間の新規HIV感染者は2017年より101人減り、 1288人だったとの速報値を発表しました。

今回感染者が減少した理由は不明で、単に一時的な減少の可能性も否定できません。

今回も注目すべき点は、やはりい"きなりエイズ"が多いことです。

いわゆるエイズを発症してからHIV感染に気づく"きなりエイズ"は、367人で28%に上ります。

ちなみにAIDS未発症者数は921人です。

"きなりエイズ"を防ぐには

危険な行為をしてしまった場合必ず適切な時期にHIV検査を受けることです。 危険な行為をしても、「自分は感染していない」、「検査など必要ない」などと考えて検査を受けないこと が"きなりエイズ"を起こしてしまう最大の原因です。

2018年1年間の主な新規HIV感染者数




もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。


2018年1年間の主なAIDS患者数









HIV感染はHIV検査を受けないとわからない!!

"きなりエイズ"を引き起こすとどうなるのか!!

現在HIV感染を早期に発見し、早期に治療をすればエイズの発症を抑え込むことが可能となっています。

しかし"きなりエイズ"を引き起こした後から治療を開始しても治療効果は極めて低くなります。

抗HIV薬の治療はエイズを発症する前に行ってこそその効果が得られます、"きなりエイズ"というのは既 にエイズを発症してしまっているから良い治療効果が得られないのです

気になる行為をしてしまった時には!!迷わず検査を!!



気になる行為をしてしまった時には!!迷わず検査を!! 自宅で簡単性病検査





written by 血液の鉄人



累計  本日   昨日   


医事通信医事通信 バックナンバー新 医学と切手の極意