鉄人レター 102号




もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。




■□□□ エイズは正しい知識を身につけることで予防可能な病気です!! □□□■


■□□□□□□□□□ 正しい知識を身につけて予防 □□□□□□□□□□□□■

              新・医学と切手の極意

                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
  
2016/07/31(No.102)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ■■ 血液センターにおけるHIV検査とNAT検査について ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 血液センターにおけるHIV抗体検査開始から現在に至るまでのHIV検査の変遷を
紹介します。
 
============================================================================
 □ 血液センターにおけるHIV検査の変遷
 
 1986年11月 第二世代のEIA法でHIV-1抗体検査開始。

 1987年10月 第三世代のPA法に変更。

 1994年3月 PA法によるHIV-2抗体検査を追加開始。

 1996年10月 HIV-1/2同時検査の可能なPA法コンビネーション試薬に変更。

 ※この時期から、HIV-1/2が同時に検出可能となる※

 1999年10月 500本プール法によるHIV-1核酸増幅検査(NAT)を実施開始。

 ※NAT検査は、HIV-1と同時にHBVとHCVが検出可能な検査法※

 2000年2月 核酸増幅法(NAT)を500本プール法から50本プール法に変更。

 2004年8月 核酸増幅法(NAT)を50本プール法から20本プール法に変更。

 2008年8月 HIV-1/2核酸増幅法(NAT)に変更。

 ※この時期からNAT検査でHIV-1とHIV-2が同時に検出可能となる※

 ※検査方法は、20本プール法※

 ※このNAT検査もHIV-1/2とHBV及びHCVを同時に検出できる※

 2008年8月 HIV抗体検査に化学発光酵素免疫法(CLEIA法)を採用する。

 ※HIV-1/2抗体が検出可能※

 ※2008年1月から九州血液センターから開始し、8月には全国の血液センターで実施※
 
 2014年8月 新たなNATシステムに変更し、さらに1検体ごとのNAT(個別NAT)スクリー
 ニングを開始。
==============================================================================
  □ NAT検査は血液センター専用の検査法

 NAT検査は、Nucleic acid Amplification Testの頭文字(NAT)をとったものです。
 
 NAT検査は、日本赤十字社がメーカに開発を依頼して製造させた血液センター専用の検査法です。

 従ってNAT検査は、医療機関では検査を受けることが出来ません。

 また、血液センターでHIV感染判断の検査として一般の人が受けることも出来ません。

 あくまでも献血された血液を検査する検査法です。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ NAT検査とリアルタイムPCRの違いとは

 現在のNAT検査は、HIV-1とHIV-2を同時に検出可能ですが、リアルタイムPCR検査は2016年
 7月現在でもHIV-2を検出することは出来ません。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
 い致します。
  ↓
『カンパのお願い』

 また、『新 医学と切手の極意』に訪問されたときは、スポンサーサイトへの訪問も
 宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
『電話相談室』をご利用下さい。
   
 また、『エイズ相談掲示板(PC専用)』でも相談を受け付けております。
 
 携帯電話からは、『「携帯電話専用エイズ相談掲示板」』をご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
 □『性行為感染症検査と医学切手の部屋』では、HIV検査と主な性行為感染症の検査に
 ついて詳細に解説していますので、ぜひともご覧ください。

 また、世界各国の医学切手も紹介していますから、時間のあるときに切手を鑑賞して
 下さい。
 
『性行為感染症検査と医学切手の部屋』 

--------------------------------------------------------------------------------
気になる行為をしてしまった時には!!迷わず検査を!!


検査キットはこちら =============================================================================== それでは続きをどうぞ ===============================================================================  □ HIV-2を検出できる核酸増幅検査は存在するのか  2016年7月現在、HIV-2を検出できる核酸増幅検査は研究室レベルの検査しかありませんので、  一般的に医療機関で受けることは出来ません。 -------------------------------------------------------------------------------  □ NAT検査の呼び方について  一般的にはリアルタイムPCR検査を便宜上NAT検査と呼びますが、リアルタイムPCR検査と  NAT検査は全く異なる検査法です。  核酸増幅検査が採用された時にNAT検査と称したために世間一般には、リアルタイムPCR  検査とNAT検査が混同されて現在に至っています。 -------------------------------------------------------------------------------  □ NAT検査とリアルタイムPCR検査を受ける時期  NAT検査は献血した血液を検査する検査法ですから、HIVの感染判断として一般の人が受  けることは出来ませんが、不安な行為から11日以降に検査すれば信頼できる結果は得ら  れます。  従って不安な行為をして、これを隠して11日以前に献血をすればHIVに感染していても陰  性となってしまいます。  不安な行為をした場合の献血は厳禁です、また検査目的の献血も厳禁です。  リアルタイムPCR検査は、不安な行為から11日以降に検査すれば信頼できる結果は得られます。  ただしHIV-2は検出することは出来ません。 -------------------------------------------------------------------------------  □ リアルタイムPCR検査は何処で受けることが出来るのか  リアルタイムPCR検査は、全国何れの病院やクリニック等で受けることは可能です。  その施設で検査していなくても検査専門の会社に検査を依頼できます。  よくリアルタイムPCR検査を受ける施設がないと言われますが、それは間違いで何処でも  受けることは可能です。  受診してリアルタイムPCR検査を依頼して、仮に「当医院では出来ません」と言われれば、  その医師はリアルタイムPCR検査を理解できていない医師ですから受診はやめるべきです。 ===============================================================================  ※まとめ※ ===============================================================================  1.血液センターにおけるHIV抗体検査開始から、現在に至るまでのHIV検査の変遷を    紹介しました。  2.NAT検査とリアルタイムPCRの違いを解説しました。 ===============================================================================  『理解しやすく、役立つエイズのブログ−血液の鉄人のささやき−』           ↓      ↓      ↓           http://tetsujinsan.blog8.fc2.com/       にも是非とも訪問してください、定期的に更新してお役に立つ情報を発信しています。 ===============================================================================   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                                   今号をお読み頂き、いかがでしたか?  お役に立ったと思われた方は、是非ともワンクリックをお願いします。                    ↓ ↓  ↓               http://clap.mag2.com/heafrealat?natpcr  今後の編集の参考にさせて頂きます。  お手数をおかけしますが宜しくお願いします。   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ========================================= ◆編集後記◆ ========================================= 最後までお読み頂き、ありがとうございました。 ご理解いだけましたでしょうか。 本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮 なくご連絡下さい。 メールを受け取り後24〜48時間以内に必ず返信致します。 ↓ ★ http://form.mag2.com/thaedousti★ 【ご注意】 ★★フリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム対策を取っていま すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下 さい。 出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメルア ドを使用されれば確実にメルマガを受け取れます★★ 次回発行は、2016年8月下旬を予定しておりますのでご期待下さい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-- **************************************** ★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★ ●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を 基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発 行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。 また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。 ===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>============= 発行者 : 血液の鉄人 ウェブサイト : http://tetsujin.hiho.jp/ ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti ========================================= ===============================================================================   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                                   今号をお読み頂き、いかがでしたか?  お役に立ったと思われた方は、是非ともワンクリックをお願いします。                    ↓ ↓  ↓               http://clap.mag2.com/heafrealat?natpcr  今後の編集の参考にさせて頂きます。  お手数をおかけしますが宜しくお願いします。   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ========================================= ◆編集後記◆ ========================================= 最後までお読み頂き、ありがとうございました。 ご理解いだけましたでしょうか。 本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮 なくご連絡下さい。 メールを受け取り後24〜48時間以内に必ず返信致します。 ↓ ★ http://form.mag2.com/thaedousti★ 【ご注意】 ★★フリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム対策を取っていま すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下 さい。 出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメルア ドを使用されれば確実にメルマガを受け取れます★★ 次回発行は、2016年8月下旬を予定しておりますのでご期待下さい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-- **************************************** ★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★ ●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を 基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発 行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。 また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。 ===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>============= 発行者 : 血液の鉄人 ウェブサイト : http://tetsujin.hiho.jp/ ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti =========================================

鉄人レター102号鉄人レターINDEX新 医学と切手の極意