鉄人レター 103号




もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。




■□□□ エイズは正しい知識を身につけることで予防可能な病気です!! □□□■


■□□□□□□□□□ 正しい知識を身につけて予防 □□□□□□□□□□□□■

              新・医学と切手の極意

                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
  
2016/08/31(No.103)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ■■ 2015年 年間HIV/AIDS発生報告 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2015年1月1日〜2014年12月31日までの統計調査。
 
============================================================================
 □ 新規HIV感染者数と新規AIDS患者の数
 
 HIV感染者 1006人(過去第8位)
 
 AIDS患者   428人(過去第8位)

 HIV感染者とAIDS患者の合計 1434人(過去第9位)

==============================================================================
  □ 感染経路
 
 1.HIV感染者
 
 異性間性行為  196人(全感染者の19%)

 同性間性行為  691人(全感染者の69%)

 薬物使用     2人(全感染者の0.2%)

 母子感染       1人(全感染者の0.1%)

 その他     21人(全感染者の2.1%)
 
 感染経路不明  95人(全感染者の9.4%)

 ※年齢別では特に20〜30代が多い※

 
 2.AIDS患者数
 
 異性間性行為  95人(全患者の22%)

 同性間性行為 250人(全患者の58%)

 薬物使用     3人(全患者の0.7%)

 母子感染      0人(全患者の0%)

 その他      6人(全感染者の1.4%)
 
 感染経路不明   74人(全感染者の17.3%)


 ※年齢別では特に30代以上が多く、50代以上の患者が27%報告されている※

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 年齢別
 
 1.HIV感染者
 
 20〜30歳代に集中しており、2015年は20歳代(320人)と30歳代(325人)の合計が 645
件で、全体の 64.1%(昨年63.8%)を占めており、また70歳以上の感染者が9人件報
告され、これは前年(7人)より増加している。

 2.AIDS患者数
 
  20歳以上に幅広く分布し、30〜40歳代特に40歳代に多い傾向が続いている。

 また、70歳以上のAIDS患者は調査を始めた2012年以降10件以上の報告が続いている。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
 い致します。
  ↓
『カンパのお願い』

 また、『新 医学と切手の極意』に訪問されたときは、スポンサーサイトへの訪問も
 宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
『電話相談室』をご利用下さい。
   
 また、『エイズ相談掲示板(PC専用)』でも相談を受け付けております。
 
 携帯電話からは、『「携帯電話専用エイズ相談掲示板」』をご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
 □『性行為感染症検査と医学切手の部屋』では、HIV検査と主な性行為感染症の検査に
 ついて詳細に解説していますので、ぜひともご覧ください。

 また、世界各国の医学切手も紹介していますから、時間のあるときに切手を鑑賞して
 下さい。
 
『性行為感染症検査と医学切手の部屋』 

===============================================================================
それでは続きをどうぞ
===============================================================================
 □ 推定感染地域

 HIV感染者

 国内感染が845人(84%)。

 AIDS患者

 国内感染が336人(78.5%)。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 □ 都道県別

 HIV感染者上位自治体

 第1位 東京都  364人  人口10万対 2.718

 第2位 大阪府  168人  人口10万対 1.901

 第3位 愛知県   62人  人口10万対 0.832

 AIDS患者上位自治体
 
  第1位 東京都    71人  人口10万対 0.530

 第2位 大阪府   53人  人口10万対 0.600

 第3位 愛知県    43人  人口10万対 0.577

 ※人口10万対で見ると、香川県が0.917と全国1位なっています※

 ※大都市圏のみにHIV感染者、AIDS患者が増加しているのではなく、検査を受けやすい
大都市圏で検査を受ける人が多いことから、大都市圏での増加が顕著に見られているだ
けで全国で増加していると考えるべきです※

-------------------------------------------------------------------------------
 □ いきなりエイズ

 "いきなりエイズ"は、およそ30%存在しています。

===============================================================================
 ※まとめ※
===============================================================================
 1.HIV感染者の主要な感染経路はいずれの年齢階級においても同性間性的接触の割合
   がもっとも高く、年齢が上がるに従い異性間性的接触の割合が高くなる傾向が見ら
   れた。

 2.AIDS患者の異性間の性的接触は、2000年以降ほぼ横ばいで推移している。
 
 3.HIV感染者数(1006人)は、2007年以降年間1000人を越えているが、横ばい傾向が続
   いており、2015年はこれまでで8番目に多かった。

 4.同性間性的接触による感染は、HIV感染者では 2008年をピークとしてその後は横ば
     い傾向で、AIDS患者では増加傾向が続いていたが、2011年以降横ばいの傾向となっ
     ている。

 5.早期発見早期治療によって、AIDS発症は押さえ込むことが可能となり、普通の人と
   同様の社会生活が営めるようになってきていますが、"いきなりエイズを発症して
   からではいくら治療しても良い治療効果は望めません。

 6.不安な行為をした場合には必ず適切な時期にHIV検査を受けることです。

 7.検査を受けずに体調が悪くなり、受診して初めてAIDS発症を指摘される"いきなり
     エイズ"の数も一向に減少する傾向が見られません。

 8.今後もHIV感染者とAIDS患者は増加すると危惧されています。
===============================================================================

 『理解しやすく、役立つエイズのブログ−血液の鉄人のささやき−』
          ↓      ↓      ↓
          http://tetsujinsan.blog8.fc2.com/ 
              

にも是非とも訪問してください、定期的に更新してお役に立つ情報を発信しています。

=========================================
◆編集後記◆
=========================================

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
ご理解いだけましたでしょうか。

本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮
なくご連絡下さい。

メールを受け取り後24〜48時間以内に必ず返信致します。
      ↓
★ http://form.mag2.com/thaedousti★

【お願い】

 この機会にぜひとも無料メルマガ「鉄人レター」の購読予約をお願い致します。
 
 購読予約は以下からお願い致します。
     ↓
★ 鉄人レター購読予約★     

【ご注意】

★★購読予約に際しましてはフリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム
対策を取っていま
すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下さい。

出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメルア
ドを使用されれば確実にメルマガを受け取れます★★

次回バックナンバーの追加掲載は2017年2月中旬を予定しておりますので、ご期待下さい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--
****************************************

★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★

●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を
基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して
おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発
行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。

===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>=============

発行者 : 血液の鉄人
ウェブサイト  : http://tetsujin.hiho.jp/
ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti

=========================================


 



 

鉄人レター103号鉄人レターINDEX新 医学と切手の極意