鉄人レター 107号




もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。




■□□□ エイズは正しい知識を身につけることで予防可能な病気です!! □□□■


■□□□□□□□□□ 正しい知識を身につけて予防 □□□□□□□□□□□□■

              新・医学と切手の極意

                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
  
2016/12/31(No.107)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ■■ HIVと生体の関係 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HIVの感染と生体の関係について解説いたします。

============================================================================
 □ HIVは何処に感染するのか

 体内に侵入したHIVは、主にCD4陽性Tリンパ球とマクロファージ系の細胞に感染し
ます。

----------------------------------------------------------------------------
 □ HIVの増殖スピード

 感染したHIVはリンパ組織の中で急速に増殖し、感染後1〜2週の間に100万(1×106
)コピー/mL以上に増殖し、HIVによるウイルス血症を引き起こします。

==============================================================================
  □ HIVが感染するとどうなるのか

 HIV感染者のおよそ半数は、発熱(39度以上)・全身に出るバラ色発疹(痛み痒みなし)・
全身のリンパ節腫脹(左右対称)などの急性感染症状が現れます。

 HIVに感染後、生体はHIVに対する特異的な免疫反応が出来るとともに感染したHIVは減
少しますが、完全に体内から排除される事はありません。

 やがて生体はHIV感染抗体を作ります。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ セットポイントは

 生体内で増殖しようとするHIVとそれを抑え込もうとする免疫系が拮抗した状態から、
慢性感染状態へと移行していきます。

 慢性感染状態における血中のHIV RNA量は比較的安定した値に保たれ、この値をウイル
ス学的"セットポイント"と言います。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 免疫機構とHIVが拮抗した状態はどの程度続くのか

 HIV感染者の免疫機構とHIVが拮抗した状態(無症候期は、これまで平均10年くらい持続
すると言われて来ましたが、ここ数年来は3年前後でAIDSを発症するように変化してきて
います。

 ここ数年来、米国では新たに感染した患者のうち36%が1年以内にAIDSを発症している
との報告があります。
 
 日本においても発症は早くなりつつあります。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
 い致します。
  ↓
『カンパのお願い』

 また、『新 医学と切手の極意』に訪問されたときは、スポンサーサイトへの訪問も
 宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
『電話相談室』をご利用下さい。
   
 また、『エイズ相談掲示板(PC専用)』でも相談を受け付けております。
 
 携帯電話からは、『「携帯電話専用エイズ相談掲示板」』をご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
 □『性行為感染症検査と医学切手の部屋』では、HIV検査と主な性行為感染症の検査に
 ついて詳細に解説していますので、ぜひともご覧ください。

 また、世界各国の医学切手も紹介していますから、時間のあるときに切手を鑑賞して
 下さい。
 
『性行為感染症検査と医学切手の部屋』 
--------------------------------------------------------------------------------
 



 
===============================================================================
それでは続きをどうぞ
===============================================================================
 □ AIDS発症が早くなった理由とは

 1.昔に比べてウイルス学的"セットポイントが"上昇している。

 2.CD4陽性Tリンパ球数(CD4数)の減少が早くなってきている。

 3.HIVの病原性が変化した可能性が示唆されている。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ CD4とHIVの関係

 体内に侵入したHIVは、急激にCD4の数を減らしていきます。

 その為にCD4の数を計測することは、HIVにより障害をうけた患者の免疫力を反映する重
要な指標となります。

 健常者のCD4数は500〜1,000/μLで、感染者において200/μL未満となると日和見疾患の
リスクが高まることになります。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 □ CD4の数値と治療の関係

 CD4数に関わらずすべてのHIV感染者に抗HIV治療の開始を推奨する。

 推奨の強さは、以下のとおりです。

 1.CD4数が500/μL以下の場合は強い推奨(AI)。

 2.CD4数が500/μLより多い場合は中等度の推奨(BI)。

 3.既にAIDSを発症している場合および妊婦では、CD4数に関わらず治療の開始を強く
   推奨する(AI)。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ HIVに感染して放置すると

 抗HIV療法が行われない場合、AIDS発症後死亡にいたるまでの期間は約2年程度であると
されている。

--------------------------------------------------------------------------------
 □ AIDSを発症させないためには

 感染予防対策を的確にする。

 不安な行為をしてしまった時には、必ず適切な時期にHIV検査を受けることです。

 不幸にも感染してしまっていれば、早く抗HIV薬を使用することにより、体内のHIVの増
殖を抑えAIDSの発症を押さえ込めます。
 
===============================================================================
 ※まとめ※
===============================================================================
 
 HIVと生体の関係を解説しました。

=========================================
◆編集後記◆
=========================================

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
ご理解いだけましたでしょうか。

本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮
なくご連絡下さい。

メールを受け取り後24〜48時間以内に必ず返信致します。
      ↓
★ http://form.mag2.com/thaedousti★

【お願い】

 この機会にぜひとも無料メルマガ「鉄人レター」の購読予約をお願い致します。
 
 購読予約は以下からお願い致します。
     ↓
★ 鉄人レター購読予約★     

【ご注意】

★★購読予約に際しましてはフリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム
対策を取っていま
すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下さい。

出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメルア
ドを使用されれば確実にメルマガを受け取れます★★

次回バックナンバーの追加掲載は2017年6月中旬を予定しておりますので、ご期待下さい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--
****************************************

★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★

●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を
基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して
おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発
行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。

===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>=============

発行者 : 血液の鉄人
ウェブサイト  : http://tetsujin.hiho.jp/
ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti

=========================================


 




 

鉄人レター107号鉄人レターINDEX新 医学と切手の極意