鉄人レター 112号




もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。




                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
  
2017/05/31(No.112)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ■■ HIVと結核の関係 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HIV感染者が結核菌に感染するリスクは非常に高く、世界的にHIV感染による結核が
蔓延しています。

 今回はHIVと結核の関係について解説していきます。
 
============================================================================
 □ 世界の結核の現状

 2015年の統計では全世界でおよそ1040万人が発症し、そのうち180万人が死亡してい
ます。

==============================================================================
  □ HIVと結核

 結核はHIV感染者の最大の死亡原因となっています。

 HIV感染者がHIVに感染していない人より20倍〜50倍も結核を発症しやすいのもまた事
実です。

 そのことからして結核だと診断された時にはHIV検査は必須です。

 現実、日本国内でのHIV感染が確実に広がっている状況下で、結核菌に感染している
若い人が結核に暴露されれば当然日本もAIDS結核問題が大問題となってくることは火を
見るより明らかです。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 結核は昔の感染症ではなかったのか

 確かに結核は過去の病気というイメージが強いですが、現実は毎年新たに結核を発症
する人は全国で2万人を超えています。

 日本は先進国の中で結核の横綱クラスです。

 少し古い統計ですが、2013年は21,283人が新たに結核になっています。

 この数字は米国における結核罹患率の4.9倍に相当します。

 結核菌を体内に長らく保菌していて高齢になってから発症する事例もありますが、20
代の罹患も増えているのも現実です。

 結核菌が蔓延していた昔の時代を生きて来た高齢者世代は結核菌に対する免疫力があ
り結核を発症しない人が多いわけです。

 ところが若い世代には結核菌に対する免疫がないことから、結核菌に感染しやすいと
いうことや、発展途上国に長期滞在する若者が増え、滞在中に結核菌に感染して帰国し、
自分自身は感染したことに気づかないまま第三者に感染させるというケースも増えてい
ます。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
 い致します。
  ↓
『カンパのお願い』

 また、『新 医学と切手の極意』に訪問されたときは、スポンサーサイトへの訪問も
 宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
『電話相談室』をご利用下さい。
   
 また、『エイズ相談掲示板(PC専用)』でも相談を受け付けております。
 
 携帯電話からは、『「携帯電話専用エイズ相談掲示板」』をご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
===============================================================================
それでは続きをどうぞ
===============================================================================
 □ HIV感染者が結核を発症する機序

 HIVは免疫システムに影響を与え免疫力を低下させることから、HIVに感染していない
人より結核に感染する可能性が増大する訳です。

 HIV感染によって免疫力が低下することから、体内に感染した結核菌を免疫力で押さえ
込んでいる潜在性結核から活動性結核へ発展させ、更に過去に治療された患者の結核の
再発をも促します。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ HIV感染により結核菌に感染するリスクはどうなるのか

 HIV感染者で結核に感染している人々は、ある一定の期間において、活動性結核を発病
する確率が HIV感染していない人と比べ50倍も高くなります。

 HIV感染は、潜在性結核を活動性結核に変性させてしまう最も高いリスク要因であり、
その一方、結核菌はAIDS患者の病状を更に加速させます。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ HIV感染者が発症する結核の症状

 AIDS発症により合併した結核の多くは通常の結核とは異なり、肺以外の結核や非典型的
な臨床像をとる場合が多いことが指摘されています。

 要するに色々なな臨床像を呈することから確定診断し難いことが知られています。

-------------------------------------------------------------------------------- 
□ HIV感染者が発症する結核の治療

 結核治療に関しては、HIVに感染していない人よりも副作用が出やすい傾向があると報
告されています。

 免疫の低下したAIDS患者は、結核が治療できてもカリニ肺炎、真菌症、髄膜炎、ウイ
ルス感染などの他の日和見感染の治療も重要であり、結核との鑑別も問題となる場合が
しばしばあります。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ HIVと結核の相互関係

 HIV/AIDSと結核はお互いが密接に関係していることから、"2重の流行"と表現されます。

 そしてこの相互流行は、"TB/HIV"または"HIV/TB" と表記されます。

 HIV感染と結核菌感染は、この二つが合わさった場合極めて危険な状態となります。

===============================================================================
 ※まとめ※
===============================================================================
 1.HIV感染者の結核診断は極めて難しい。

 2.HIV感染者は結核の進行が極めて早く悪化しやすい。

 3.HIV感染者が結核菌に感染し、診断されず治療されない場合は確実に死に至る。

 4.HIV感染によって結核は他の多くの日和見感染よりも早く発症する。

 5.結核に関することや結核の検査については、『血液の鉄人の理解しやすく役立つ臨
 床検査の部屋』以下を参照して下さい。

1)結核−1.結核とは−:『結核とは』を参照して下さい。

2)結核−2.結核菌とは−:『結核菌とは』を参照して下さい。

3)結核−3.検査その1-喀痰塗抹検査−:『検査その1-喀痰塗抹検査』を参照して下さい。

4)結核−4.検査その2-Tスポット.TB検査−:『検査その2-Tスポット.TB検査』を参照して下さい。

5)結核−5.検査その3-結核菌培養検査−:『検査その3-結核菌培養検査』を参照して下さい。

6)結核−6.検査その4-クォンティフェロンTbゴールド(QFT)−:『検査その4-クォンティフェロンTbゴールド(QFT)』を参照して下さい。

7)結核−7.検査その5-核酸増幅検査(PCR検査)-:『検査その5-核酸増幅検査(PCR検査)』を参照して下さい。

8)結核の新しい検査-結核菌特異的IFN-γ(ELISPOT)-:『結核の新しい検査-結核菌特異的IFN-γ(ELISPOT』を参照して下さい。

 6.結核は昔の病気ではなく、HIVと密接な関係を維持しつつ今も猛威を奮っています
   ので、気をつける必要があります。
=========================================
◆編集後記◆
=========================================

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
ご理解いだけましたでしょうか。

本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮
なくご連絡下さい。

メールを受け取り後24〜48時間以内に必ず返信致します。
      ↓
★ http://form.mag2.com/thaedousti★

【お願い】

 この機会にぜひとも無料メルマガ「鉄人レター」の購読予約をお願い致します。
 
 購読予約は以下からお願い致します。
     ↓
★ 鉄人レター購読予約★     

【ご注意】

★★購読予約に際しましてはフリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム
対策を取っていま
すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下さい。

出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメルア
ドを使用されれば確実にメルマガを受け取れます★★

次回バックナンバーの追加掲載は2017年11月中旬を予定しておりますので、ご期待下さい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--
****************************************

★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★

●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を
基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して
おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発
行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。

===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>=============

発行者 : 血液の鉄人
ウェブサイト  : http://tetsujin.hiho.jp/
ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti

=========================================


 
もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

鉄人レター112号鉄人レターINDEX新 医学と切手の極意